読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にこごりおきば

思考のスープを形にしたもの。

僕らの百年

こんにちは。するめが大好きあべあつです。

 

今朝、「人の寿命は115歳くらいが限界だ」という記事が出ていました。

以前どこかで「DNA情報の両端が次第に壊れて情報は短くなるから、コピーの回数には物理的に上限がある。結果、人の寿命は際限なく伸ばすことは出来ない。」という記事を読んだ記憶があります。

 

細胞分裂が出来なくなったら、肉体を作る基礎の更新・修繕が出来なくなったら、終わり。

いくら健康でも筋肉ムキムキでも、新しい細胞が生まれなくなったら、朽ちるのみ。

大企業の終焉みたいですね。

 

その「コピーの限界」が年齢として判明したということなのでしょう。

 

SF作家が夢想した不老不死の奥義

「自分のクローンを作り脳移植を繰り返せば永遠に若い体わっしょい!」

は、どうやら不可能のようです。脳細胞の115歳でthe endご臨終南無~

一つのロマンが終わりました。科学者のバカ。ぐすん

 

でも一回は意味あるかな?40歳でクローンを仕込んで、60歳の時に20歳の若い自分の体クローン太郎に脳移植をしたら、脳が死ぬ115歳時でも新しい体は75歳。

自然なお亡くなりにも見えるし、もうやってる富豪とマッドサイエンティストいたりしてね。

 

表の世界では「現在の技術でも理論上、生首の移植は可能」だとのことで、マッドな科学者が数年のうちに実現するらしい。お金と人を集めている段階のようだけど。

脳移植はまだ少し先だね。ヒトクローンは作れるけれど、禁止されているだけ。

 

話が逸れまくった。

 

最初に考えていたのは

「115歳が限界か。裏を返せば、115歳までは生きられるということ。1986年生まれの僕は、2100年の世界に到達できる!」

 

2100年の幕開け、〈2100眼鏡〉をかけて大はしゃぎしているおじいちゃんがいたら私です。ハイタッチしましょう。

 

バランスのいい食事、適度な運動・睡眠、新しい事への挑戦、感動、知識欲、

自ら営む生活、人との交流・対話・ふれあい、適度なお酒、歯磨き、スケベ心。

 

ボケずに長生きする為の条件はすでに出揃っている。

医療技術の革新で、ガンでさえも克服されようとしている時代。

誰もが100歳までは生きられる時代になったんだ。小泉新次郎議員達も、本気で練っていたじゃないか。みんなが100歳まで生きる時代の見取り図を。

 

僕らは昭和に生まれ、平成と次の時代を生き、愛子ちゃんの世で死ぬ。

 

それは事実。・・・何かが起きなければ、ね。

 

僕らが生きた百年は、どんな百年だったのか?

僕はあの世で自慢したい。歴史上の偉人たちに。

 

「僕らの百年は、人間がこんなに素晴らしい知見に辿り着いたんだぞ!積年の問題を解決するこんなロジックを編み出して、実践して、世界中の人が笑顔で幸せに暮らしたんだ!どや!」

 

今の世界は、それが実現できるだけの知恵も積み上げられているし、経験も十分蓄積されていると思うんだ。健康長寿に関するデータのように。

あとは、組み合わせと、認識をどう浸透させるかだけだと。

 

情報が散在していたかつてとは違う。今はネットの海に、ドロドロと濃厚な数多の情報が溶け込んでいる時代。

ここに強烈な光が射せば、人々の認知という視線が降り注げば、太古の地球で原生生物が誕生した時のような、劇的な変化が起こりうる。

 

多様な希望に進化しうる思考の起源を、僕らの時代で見つけたい。

僕らの百年が、人類の歴史の中で燦然と輝く太陽になるように。

 

それでは、また。

一年の計は元旦にあるのか?

明けましておめでとうございます。

 

初めまして。30歳、おじさん1年生のあべあつです。

 

猫の色葉さん(10歳女性)と福岡で同棲しております。お正月、暇ですにゃ。

 

 

「一年の計は元旦にあり」なんて言葉を信じている訳じゃありませんが、一つのきっかけとして、本日2017年1月1日よりブログを始めることにしました。

 

昨年も、一昨年も、元日に目標は立てたはずだけれど、年末には達成どころか内容さえ覚えていない有様。思うだけじゃダメだね。今年は行動をしよう。

 

そんな気分になったのは、auのCMのせい。(格安SIMユーザーです)

年末、笑ってはいけないの合間に年明けで流れた三太郎のCM。

 

「やってみよう!」

 

がテーマでした。

 

浦ちゃんが巨大凧に乗り空を飛び、鬼ちゃんがドラムを叩き、一寸が岩山を登り、三太郎で玉手箱開けまくってみんな爺ちゃんになるも笑いあい。

 

賑やかで明るい提案が、僕の中のめんどくさがりんりんを跳ね除けました。

林修にはそそのかされなかったのにね。鬼ちゃん可愛いから仕方ない。キラこそが神。

 

それと理由はもう一つ。

 

昨年末頃の茂木健一郎先生(脳科学者でアハ体験のもじゃもじゃおじさん)の連続ツイートで教えられた、「ヨナ・コンプレックス」という言葉。

簡単に言うと、

 

「それをしたら大きな変化が訪れる事を分かっているが、故に避けてしまう心理状態」

 

言語化するのが好きだからTwitter好きだけど、ミクシィで失敗したこともあって、ブログで長文を書くのは抵抗があってね。お酒を飲むと暴走してしまうから。。。

 

そ、でもね、コンプレックスとか言われたら、なんか悔しいじゃん?

類型化されて、「〈よくいるダセー奴〉目、〈いつかやる〉種」の生物として棚に仕舞われた気分じゃん?

 

ちょっと待ってくれよオーキド!俺は進化しないんじゃない!まだ見つかってない

「しんかのいし」が必要なだけなんだ!図鑑はまだ完成していないぜ!?

 

つって、さ。反抗したいじゃん?学会発表覆して、権威を失墜させたいじゃん?

 

 

そんな訳で、30にもなって青臭さ全開なブログを始める事と致しました。

 

「一年の計は元旦にあり」

 

その言葉の真偽・効能は、行動を起こすことにしたこのブログで明らかになるかもしれません。

 

それでは、また。